• 増加する家族葬のメリット

    葬儀は、太古の昔から世界中で故人の権力を参列者にアピールする為に行われて来ましたが、現在では長く続く経済不況と元来無宗教である民族性が合致した事により、家族葬の様に遺族が本当の意味で故人を偲び送り出す宗教儀礼の本質に立ち返ったと言えます。



    家族葬は、比較的新しい言葉で聞きなれない言葉ですが、一般の参列者の為の告別式を行わない密葬と考えるべきです。

    家族葬は、文字通り家族だけのケースや弔問客が全くいないケースも少なく無く、非常に規模が小さい為に親類縁者から非難を受けてしまうケースも多くありますが、遺族が実働して行われる一般的な葬儀では遺族に故人を偲ぶ時間も無く、葬儀を滞り無く行う事に集中させられてしまいます。


    加えて現代日本の経済水準では、多くの家庭で数百万円の葬儀費用を捻出する事は難しく、捻出出来たとしても非常に大きな負担となってしまうので、10万円前後から行う事の出来る家族葬は消費者のニーズに適合していると言えます。



    その為、従来の大型の葬祭施設から小型の葬祭施設にシフトしている葬儀業者が多く、今後増年間死者数が増加する事による生じる火葬場不足に対応出来る様にドライアイスの追加サービスや遺体の保管施設整備している葬儀業者も増えています。
    又、現在の家族葬は、従来の葬儀には付き物だった追加料金を全く必要としないセット価格が主流とされ、インターネット上に多くの葬儀業者があるので自分にあった業者を選ぶ事が出来る様になっています。

    話題になっているYOMIURI ONLINE情報をお探しですか。