• 家族葬はほとんどの葬儀社で扱っている

    以前は葬儀社は、大規模な葬儀に誘導するもので、家族葬を依頼しても従来型を勧めることが多かったですが、家族葬を扱う葬儀社が増え、そうしたセールス方法が通用する例ばかりでもなくなったため、状況は変わりつつあります。インターネットの普及により、家族葬をメインに扱っている葬儀社を選択しやすくなっています。

    さらに身近になった毎日新聞について興味がある方にオススメのサイトです。

    喪主側が的確な業者を選びさえすれば、家族葬の手配は粛々とおこなわれます。

    もし担当者が、大規模な一般葬に誘導し始めたら、即座に面談を打ち切りましょう。

    喪主はその時期、やらなければならないことが盛りだくさんです。
    担当者を代えるか、一番いいのは業者を代えることです。

    契約に至る前ですから、そうするのは一般的なことであり、当然のことで、逡巡する必要はまったくありません。
    営業マンはそうしたことには慣れています。

    葬儀は、亡くなった人にとっては生涯で一度きりのことですから、部外者に気を遣っている場面ではありません。

    遺族の意向だけで決めるべきことです。
    インターネットが普及する前は、喪主には情報を得る手段がなく、葬儀社がたくさんあることを知らない人も多かったですから、葬儀社に促されるままになることが一般的でしたが、現在は違います。



    葬儀社もそのことはよくわかっていますので、遺族の希望通りに粛々と手続きを進める業者も出てきています。



    そうした業者を、インターネットで探しましょう。

    数十分も検索すれば、簡単に見つかります。

  • 身に付けたい知識

    • 葬儀は、太古の昔から世界中で故人の権力を参列者にアピールする為に行われて来ましたが、現在では長く続く経済不況と元来無宗教である民族性が合致した事により、家族葬の様に遺族が本当の意味で故人を偲び送り出す宗教儀礼の本質に立ち返ったと言えます。家族葬は、比較的新しい言葉で聞きなれない言葉ですが、一般の参列者の為の告別式を行わない密葬と考えるべきです。...

  • 社会が気になる方

    • 家族葬は、最近急速に普及してきましたが、それにはインターネットの登場が大きな役割を果たしたようです。人々は、ごく短時間で葬儀の全体像を把握し、リアルタイムの傾向を知り、葬儀社の数も種類もすぐにわかるようになりました。...

  • 社会について情報

    • ついこの間までは、家族葬という言葉を知らない人が大半という状況でしたが、現在では従来の一般葬に迫る勢いで増えています。一般葬は葬儀全体の4割ほどに減り、家族葬がおよそ3割にまで増えてきています。...

  • よく解る情報

    • 家族葬は、身内や親族など、故人が親しくしていた内輪だけで行う葬儀です。以前は、密葬という言葉が使われていましたが、密葬の場合は、後に本葬が行われることが多く、家族葬は、この内輪での見送りだけです。...